CSR

「品質」へのこだわり


伊藤忠丸紅鉄鋼は、すべてのステークホルダーに貢献することを旨に高品質な製品・サービスの提供を心掛け、品質マネジメントシステム(QMS)を日々運用しています。
特に、取引実態に応じていくつかの特定の部署では、QMSの最も著名な国際認証規格であるISO9001認証を取得し厳格な運用を行っています。

現在、ISO9001に基づく認証を取得している部署は、以下の通りです。

鋼管本部 鋼管貿易第一部、鋼管貿易第二部
鋼材第三本部 薄板部電磁鋼板第二課
自動車鋼材本部 自動車鋼材第一部、自動車鋼材第二部、および
特殊鋼・線材部自動車特殊鋼課(いずれも貿易業務)
大阪支社 大阪薄板部、大阪ステンレス課、大阪特殊鋼・線材課

航空機ビジネスを手掛ける航空機チーム(大阪ステンレス課)では、航空宇宙産業に特化したJIS Q 9100認証も取得しています。

品質方針

伊藤忠丸紅鉄鋼(株)鋼管本部、鋼材第三本部、自動車鋼材本部及び大阪支社は鉄鋼製品の供給を通じ、顧客の期待とニーズに応え、世界のエネルギー開発及び社会生活の健全な発展に貢献する事を使命と考えております。

今日、世界は益々狭くなり、相互依存を高めている中で、当本部は時代の流れを正しく読み取り、斬新な構想のもと、相互の調和的発展を目指しております。

その意味で、当本部の供給する品質に対する顧客の満足度は非常に重要であるばかりか、当本部の収益を左右する重要な指針となると考えております。
従い、次の様に当部の品質方針、具体的目標を定めます。

品質方針:

  1. 顧客の要求事項を十分満足させる品質を提供する。
  2. 時代の流れ、顧客のニーズを先取りし、顧客の期待に応えるべく絶えず品質の改善に努力する。
  3. 品質マネジメントシステムの有効性についての継続的な改善を実施する。

具体的目標:

  1. ISO9001:2008の品質マネジメントシステムを確立し、実行する事により高水準の品質の達成をはかる。
  2. 顧客満足度及び具体的ニーズを調査し、営業活動の中に具体的に取り入れ品質の向上をはかる。

この品質方針を営業本部員全員に周知徹底させ、その実現をはかる所存です。尚、各営業本部総括室長を管理責任者に指名し、ISO9001:2008品質システムの確立、実行、維持の任に当らせます。

2017年4月1日

伊藤忠丸紅鉄鋼株式会社
執行役員 鋼管本部長 冨川  清
執行役員 鋼材第三本部長 間宮 一博
執行役員 自動車鋼材本部長 鈴木  明
執行役員 大阪支社長 山本 英樹