CSR

「環境」に対する責任


伊藤忠丸紅鉄鋼は2001年の会社設立以来ISO14001認証を維持しています。ISO 14001は、環境への影響を効果的に管理するための環境マネジメントシステム(EMS)の国際的規格です。

地球温暖化に真摯に向き合い次世代に良い環境を残すため、EMSに取り組むことがあらゆる企業に求められる中、ISO14001規格に則ってEMSを運用することにより、環境面のみならず経営の仕組みとして積極的にこれを活用しています。

また、毎年6月を環境月間として様々な取り組みを行ない、環境意識の向上を図っています。

環境方針

基本理念

当社は、よき国際社会の一員としての責任を自覚し、このかけがえのない地球環境を守り、人間社会の持続可能な発展に貢献する。

基本方針

当社の行なう鉄鋼製品等の国内売買、貿易等の業務を通じ、環境負荷軽減の活動を行なうべく、基本方針として以下を定める。

1. 自然環境への配慮:

事業活動を行なうに当たり、地域社会や自然環境に配慮し、汚染の予防に努める。

  1. (1)取扱商品の持つ環境への影響を認識し、自然生態系保全に留意し、取引を行なう。
  2. (2)事業投融資、開発等の案件推進に当たってはその環境影響を評価し、環境への配慮を行う。
2. 環境関連法規制等の遵守:

環境に関する国際条約、日本及び関係国の環境関連法規制等を遵守する。特に製品及び材料の有害化学物質については、日本及び関連国の法規制等を遵守する。

3. 資源・エネルギーの効率的利用と循環型経済社会の実現:

資源・エネルギーの効率的な利用に努め、循環型経済社会の実現に寄与する。

  1. (1)取引先環境評価を行ない、グリーン調達の観点から環境配慮企業との積極的取引を推奨する。
  2. (2)環境負荷軽減につながるビジネスを積極的に行なう。
  3. (3)社内での省エネ・省資源、廃棄物の削減活動を積極的に推進する。
4. 啓発活動の推進:

環境保全意識及び活動の向上を図る為、社内のみならず事業会社等に対する啓発を推進する。

5. 環境マネジメントシステムの確立と継続的改善:

この環境マネジメントシステムを統一認証の下、必要な当社の内外支社・支店、海外現地法人及び事業会社に拡大し、有機的に統合されたシステムを構築する。また、その継続的改善に努める。

6. 環境方針の周知・公表:

この環境方針を全ての役員、社員に通知すると共に社外に対しても文書等を以って公表する。

2017年4月1日
伊藤忠丸紅鉄鋼株式会社
代表取締役社長 兼田 智仁