CSR

CSR行動指針

伊藤忠丸紅鉄鋼は、「売り手によし、買い手によし、世間によし」の「三方よし」に、「社員によし」を加えた「三方プラス1によし」の精神を基本に、鉄鋼流通のプロ集団として新たな価値を創出し、持続的な社会の発展に貢献します。

1. コンプライアンスの徹底

国内外の法令を遵守するとともに、社会規範に沿った良識のある行動をとります。

2. 人権・地球環境への配慮

国際社会の一員としての責任を自覚し、人権を尊重し、かけがえのない地球環境を守ります。

3. 品質への責任

最高品質の商品・サービスを提供することにより、顧客のニーズと期待に応え、社会の発展に貢献します。

4. 社会貢献への取り組み

人々の暮らしをより良いものにするために積極的に地域・社会に貢献し、企業市民としての責任を果たします。

5. ステークホルダーとともに

全てのステークホルダーとのコミュニケーションを重視し、信頼関係を築きながらその期待に応えます。

新着情報

2017年07月21日社会貢献
九州豪雨災害について
2016年12月04日社会貢献
未来のメダリストを目指す児童たちに柔道教室を開催
2016年11月08日社会貢献
「CSR月間」を実施し、全社で社会貢献活動に取り組みました。

MISIのCSR